2005年10月26日

コミックスの感想を… 3

( ´□`)マホー 撲殺天使〜 血みどろドロドロ ドクロちゃーん♪(また歌ってんのか

「夜明け生まれ来る少女」も口ずさんでますよ?(どうでもいい

(挨拶


ってな感じで(?) 午後になったら先輩方が戻ってくるんじゃないかと心配しながらの本日2度目の更新は、ずいぶんとお久しぶりの『コミックスの感想を…』で作品は

・余の名はズシオ
・瀬戸の花嫁
・すもももももも

の3作品にします

コミックスの感想ってライトノベルの感想と比べると難しいんですよ(汗




ではお久しぶりにコミックスの感想をつらつらと〜


◇余の名はズシオ 1〜4巻

 大好きです 連載が何の前触れもなく突然終了して、気が付けば別の雑誌で別の連載が始まって、
その連載が完結して、気が付けば『瀬戸の花嫁』を大好評連載中だったりしますが、 大好きです(ぉ

 ここまですさまじいギャグは見たことがないってくらい馬鹿らしくてトンデモナイマンガです(ホメ言葉

 この『ズシオ』を簡単に言うと
 『滅ぼされた王家の生き残りである王子、ズシオが仲間たちとともに王家復興を目指す。』

 というギャグマンガです 色々説明不足で「この(↑)あらすじのどこがギャグマンガなんだ」という感じですが

 むしろ「あぁ!そんな設定(王家復興)だったんだ!」と思うほどのギャグマンガだったりします

 ズシオ王子を筆頭にトンデモキャラの多いこと多いこと

 ……いえ、ズシオがすさまじ過ぎです 不死身ですし 家臣に蹴られてるし

 ズシオの残した迷言・迷シーンの数々……

 『 …「神に選ばれる」とはどういう事か教えてやろう…
 そこからこの包丁を余に投げてみろ…
 何度投げても包丁は絶対余に当たらぬ!! 』

 ヒュッ! (←包丁を投げる音
 スコッ! (←眉間に命中


 忘れることが出来るでしょうか!?(反語

 『ペンは剣よりも強し』とは言うけど、実際に剣持った相手にペンで闘うアホはズシオくらいですよ(ホメ言葉?

 こんなバカ王子(HP:∞)のハチャメチャでとんでもないギャグマンガ 気になった方は探してみてはいかがでしょうw



◆瀬戸の花嫁 1〜8巻

 大好きです 絵の雰囲気が がらり と変わった気がしますが気にしません 大好きです

 上記『ズシオ』の作者である木村太彦さんの現在ガンガンWINGにて大好評連載中の任侠人魚マンガです

 『ズシオ』とはまた違った流れのギャグに重心を置いた『ラブ?コメディ』の任侠人魚マンガ

 渋いオッサンも多目でテンポのよいギャグが楽しめます


 『任侠とかいて「にんぎょ」と読むきん!!』

 そんな感じの任侠人魚マンガ ラブ分が少なめでギャグ分が多量ですが、面白くて大好きなのでヨシw


 私的には『ズシオ』の方が好きだったりするんですが……ごにょごにょ(何



◇すもももももも 地上最強のヨメ 1〜3巻

 大好きです ギャグ色の強いラブコメマンガです 狽!今日の更新ギャグ色が強いモノばかりだ(何を今更

 ヤングガンガンで大好評連載中の「これが王道。これがラブコメ」というキャッチ通りのラブコメマンガです

 あ、でもギャグの色がかなり強めでテンポと勢いがあるのでギャグマンガと言っても差し支えない感じですね

 ヤングガンガンコミックスの中では刊行ペースが一番早く、既に3巻まで発売されています(3巻は10月25日発売

 昨日は買ってからぱらぱらとしか読んでいないのでアレですが、面白いですw

 このノリとテンポのよさはすごいなぁとかなんとか思ってみたりしました




いや、その、何と言いますか『ズシオ』に対する思い入れの強さが反映したんだと思われます この感想の量の違いは(汗

『余の名はズシオ』は ぜひともまた書いてもらいたい いえ、まだ続けてもらいたい もしくは完結してもらいたい作品です

壁】−`)ノシ この更新をしてる間に何回「思い出し笑い」をしたか数えておけば良かったなと思いつつ ではこの辺で〜


posted by スパイ108号 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。