2007年04月15日

ライトノベルの詳しい感想を… 〜世界の中心針山さん 2〜

( ´□`)マホー ようやく動画系サイトさんでらき☆すたのOPを拾ってきましたよー

おおぅ…… これは癖になりますw

それよりOP前の「かーいかいかい♪」的なノリが分かる世代って言うのはおいくつくらいからなのでしょうか
モチロン私はナウなヤングなので分カラナイカモデスヨー(上の「かーいかいかい♪」はお前の知識だろ

(挨拶


という感じで(?) 本日の更新は『ライトノベルの詳しい感想を…』で作品は電撃文庫『世界の中心針山さん A (成田良悟さん / エナミカツミさん&ヤスダスズヒトさん)』で書こうと思います

またまた、お家の近くの漫画喫茶からの更新です
今日はダウンロードしておきたい動画がありましたからねー 妙にほくほくしてますw



◇世界の中心針山さん A
世界の中心針山さん A

成田良悟 / エナミカツミ&ヤスダスズヒト
電撃文庫 / メディアワークス
【埼玉県所沢市に住むその男の名前は針山真吉。眼鏡をかけて憎めない顔をしている普通の人。父・母・姉・弟の四人家族の世帯主。他に特徴は────特になし。
 そんな一般人の針山さんの周囲では、毎度毎度様々な出来事が起きている。狂気の事件に遭遇するタクシーの都市伝説、ヒーローよりも強い無敵な下級戦闘員の悲哀、殺し屋と死霊術士と呪術士のゾンビ戦争、そして、様々な人々が絡み合う惨劇の結末──。
 人気イラストレーターコンビで贈る短編連作、第二弾登場!】



※ネタバレを含んだ感想にはなりませんので、ネタバレNGって方でも安心してご覧くださいませ〜

 大好きです これは成田さんファンなら読まなきゃ損ですよ ホントに

 『針山さん』は、『バッカーノ』などを書かれている成田良悟さんの作品で、ジャンルが話ごとに変わる短編連作です
 イラストは『バッカーノ』などの挿絵を担当されているエナミカツミさんと、『デュラララ!』の挿絵や『夜桜四重奏(シリウスコミックス)』を描かれているヤスダスズヒトさんで1冊で二度おいしい感じです

 今回もかなり楽しく読ませていただきましたよー
 『37564人目の悲劇』は欲望に負けてhp掲載時に読んでしまってましたが orz

 では各話ごとに感想をちょろちょろと


◇としれじぇ2 −ジャンル≪都市伝説2≫

 有名な都市伝説……都市伝説?むしろ怪談?

 とにかく有名なタクシーのお話をモチーフにしたこのお話
 奇妙な小学生を乗せてしまったタクシーの運転手の運命は


 成田さんだからきっと普通な終わり方はしないと思ってはいましたが期待してよかったですw もうさすが成田さんです相変わらずぶっ飛んでますねぇ(ホメ言葉 

◆37564人目の悲劇 −ジャンル≪雑魚戦闘員≫

 とある悪の組織の雑魚戦闘員――No.37564
 皆とおなじマスク、同じ服装 だけど彼はこの組織の中で異色を放っていた
 なぜなら彼は あまりにも強すぎたのだ


 電撃hp掲載時に読んじゃってたんですが、
 何度読んでも終盤の彼が見せる弱さに軽く涙腺が

◇THE DON’T OF THE DEAD −ジャンル≪ゾンビ≫

 とある墓地で“仕事”の後に一人でいた女のもとに一人の少年がやってきた
 彼はあるモノを探していて女ならそれがある場所を知っていると言う

 そのあるモノとは死体で、彼は死体をゾンビにする技術を持っていた


 ゾンビが出てきてミステリーでホラーな感じのお話に

 ――なるかと思いきや見事にアクション物に

 や、途中から違和感は感じてました
 でもあんな結末になろうとは

◆柏木クロスの真っ赤な死 −ジャンル≪戦隊ヒーロー≫

 上の3本をキレイにまとめる書き下ろしのこのお話
 前巻の書き下ろしは主役らしい主役のいないお話でしたが、今回はとある戦闘員に殴り飛ばされた一人の戦隊ヒーローが主役です


 俺の名前はクロス! 柏木十字架クロス
 ……本名だ
 俺はこの世で交差する全ての子供達の笑顔を望む!
 例えその子供が、将来世界を滅ぼす事になるとしても――
 その時は、その世界の子供達をまた救おう!
 世界平和と同じくらい滑稽な願いかもしれないが、俺にはそれができると信じる!
 何故なら俺はヒーロー!
 ヒーローは強い! 何故ならば、ヒーローは強いからだ!


 そのヒーローっぷりに軽く泣きそうになるくらい感動しちゃいましたよ
 もうホントに無駄にクサくてダサくてでもすんごく熱い
 そんなセリフたちが大好きです ホントに大好きです

 しかしまさかの展開に、まさかの登場で、まさかの結末
 もうさすがとしか言えませんよ




 や、ホントに面白かったです
 ホントにジャンルがお話ごとに変わって飽きさせません
 特に『柏木クロスの〜』はすごかったです

 感想としましては
 『口絵も楽しいですってまた針山さんが』
 『……、!? あ、ひょっとして表紙のこの人針山さんか!?』
 といった感じでしょうか

 ホントにオススメです 気になった方は1巻と併せてぜひ




昨日いつものメンバー(カラオケにいくメンバー)の一人と「今月の集まりはどうする?」という話をしてました途中まで(途中?
気がつけば電撃文庫談議になって、らき☆すた談議になって、ラノベ談議になって……etc
で最終的には「電撃文庫ムービーフェスティバルに行こう」という話になりました(電撃文庫談議からの流れか
その友人は前売り券を購入していないようでしたが私が購入したのをここを見て知っていたようで、「なら行こう。劇場限定商品とかあるし」という話に

おそらく初日から行くことになるかもしれません
拝見したら早いうちに感想を書きますね

壁】−`)ノシ ではこの辺で〜


posted by スパイ108号 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。